忍者ブログ
ラジコンボディ塗装や電飾ユニット自主制作をしています。エアブラシ塗装による製作過程なども紹介しています。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7

ヨコモ JZX100 マークⅡ キャンディブロードレッドです。

製作過程を遡ってみても然程ムズイ部分はなかったですね。
ちょっと厳ついリア周りに驚いただけで。(^^)

ライトパーツは極薄で塗装したスモークでブラックメッキ調にしました。






拍手[1回]

皆さんお疲れさまです。


以前購入したある製品について、少々気になった事があったので問い合わせてみました。
特に「なんじゃコリャ~!!」と言う不具合ではなく、思っていた使い心地とは違っていたので。


タ:「検証させて頂きますので大変お手数ですが着払いで当社宛に送って下さい」


早速送ってみた。






拍手[0回]

皆さんお疲れ様です。

テールランプの加工に穴あけ用の道具が欲しくて検索してみた。

今の世の中なんでもあるんですね~
やっぱ丁度良さそうな物が出てきました。

しかし問題はどの程度の状態で穴あけ可能なのか?
で、商品問い合わせから聞いてみた。







拍手[0回]


ヨコモ JZX100 マークⅡです。

撮影を忘れて大分出来ちゃってますけど・・・^^;

このボディも初めてですね。
説明書通りカットしたのですが、リアのディユフューザーの大胆なデザインにビックリ。
多分、カットしないで塗るのもアリだったかも知れない。

そうそう。
パネルラインや窓枠のブラックって、皆さん裏打ちしてますか?
ブラックの発色も良くなるし、私はこんな感じでやってます。

モール部分にメッキ吹いたので、その残りで裏打ちしちゃいました。
豪華な裏打ちだ。(^^)






拍手[0回]


パンドラ FC3S 完成画像です。

やっぱ、完成すれば文句無くカッコいい。(^^♪
特徴的な3連テールランプを何とか出来れば外観に締りが出ますね。

ただ、余り塗装経験の無い方や塗装が苦手な方達には辛いボディだと思います。







拍手[0回]


皆さんお疲れさまです。

トランプ氏の勝利宣言と共に?黒石市もつい初雪となりました。

荒れなきゃいいんだけど・・・^^;
↓m(__)m↓ブログ記事UPの励みになります。ぜひポチっと応援お願いします。↓m(__)m↓





拍手[0回]



 
パンドラ FC3S 第3の難関です。


このリアスポ、形状をよ~く見てください。
リアルで良いのですが、エアブラシで吹いても塗料が入って行かないよ。これ。

さぁ~どうしようか???^^;



↓m(__)m↓ブログ記事UPの励みになります。ぜひポチっと応援お願いします。↓m(__)m↓





拍手[0回]


パンドラ FC3S 第2の難関。

多分、このテールランプが肝なんじゃないかな?と思います。
パンドラさんのHPのサンプル画像を見ると、テールランプのサンプルは2種類ありますね。

1、ライトパーツをまんま覗かせるもの。

2、3連を塗り分けるもの。






拍手[0回]


パンドラ FC3Sですね。

先日のNSXと同様全く初めて手にしたボディです。
別体パーツがあると言う事でビッビっていたのですが、まぁカット位置は綺麗にラインが入っていたので問題なし。

リアはそのままピッタリ合うのですが、フロントが・・・汗
少しずつ摺り合わせしないといけないんですねこれ。
やっぱ、簡単に済みそうに無いです。

ボディ洗った時、妙にヌルヌルしてたけど何でだろ?
パンドラさんの初期の頃のボディってこうな感じなのだろうか。
気になって洗剤で2回洗ったよ。






拍手[0回]


ヨコモ FD3S ワインレッドです。
クリアーレッドとクリアーパープルの調色ですね。

最近ね、ヨコモさん以外のボディが多かったんですよね。
テツジンさんの後にヨコモボディって

す・て・き。(^^♪

テツジンR35の半分以下の時間で出来ますやん!!






拍手[0回]

前のページ      次のページ
管理人
HN:
Nao
HP:
性別:
男性
職業:
***製造業
趣味:
ラジコン・犬の世話
ラジコンボディの塗装や電飾の自主制作をしています。
最新コメント
[12/13 山本]
アクセスランキング
PR
RANKING
ランキングに参加しています。

★クリックするとランキングに反映される仕組みであります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
にほんブログ村


♪ポチっと応援お願いします♪
Copyright ©   ラジコンボディ塗装見える化『塗装代行・電飾LED製作』   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]