忍者ブログ
ラジコンボディ塗装や電飾ユニット自主制作をしています。エアブラシ塗装による製作過程なども紹介しています。
[596] [601] [599] [595] [594] [597] [593] [591] [590] [589] [588
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そろそろ、ホワイト・シルバー・ブラックの塗料買って置かないとな~と思い、いつものネットショップさんへ・・・


なぜか在庫切れ?
しかも、この3色だけ。


不思議に思い問い合わせると

「キョーシンさんからセントラルさんに代わったら入って来ないんですよ~」

「他のお客さんからの予約注文も半年待ってるんですけど、まだ来ないんです。」


マジか!?^^;


ペインターさんのほとんどが使っている塗料でしたので安定供給と思ってました。


日本橋模型 在庫切れ

洛西モデル 在庫切れ

FUTABA 在庫切れ

B-FIELD 在庫切れ

SPIRAL 在庫切れ

RC-Maniax 在庫切れ

ヨドバシカメラ 在庫切れ

amazon 在庫あり


おっ!あったじゃないの~!!

「えっ!!」






拍手[0回]


「ファスホワイト1本 5,000円・・・」

お~~~い!!(ToT)/~~~



最近、ぼちぼち全国的に入荷して来ているようですが、つい先日までこんな感じでした。

輸入販売元がキョーシンさんからセントラルRCさんに代わった事により起きた珍事です。
通販や販売店舗さん曰く想定の範囲内だったとか・・・


以降大丈夫なら良いんですけど、ここまで怠慢だと信用出来ませんね。


で、久しぶりにメッチャ探しました。
ほんとメチャクチャ探しましたよ。

ラッカー系でも塗れるんですけど、やっぱ水性塗料のメリットって大きいですからね。



裏打ちで良く使う色とキャンディーカラーを試しに購入。

水性アクリル系で、基本色もキャンディ色もファスよりもサラサラで好感が持てます。
ファスだと色によっては【融けた粘土】みたいなのありますからね。

これが、エアブラシを始めて最初にぶつかる壁なんです。
色毎にと言うよりは、個体差が極端にあり過ぎて希釈割合が毎回違うんですね。



専用希釈剤で希釈しているせいもあるのか?まだ良く分かりませんが、乾きも早く意外と垂れ難い印象で、驚いたのは伸びの良さ。
体感でファスの1.5倍以上塗れる感じです。(表現これで合ってるのか?)


ただ、キャンディカラーはお値段激高1本3,000円!!
しかも問い合わせたらファスのように【水で希釈】は出来ないとの事。
まぁ、お約束の【抱き合わせ】だと思うんですけどね。^^;


ファスも水で希釈しない若しくは、水で希釈しちゃダメ!とか、いろいろ意見はあるようですが、基本的に販売元で水との希釈割合出してますし、それが【売り】なんですよね。
事実、私のペイントって特別な塗料を除いて、全て水で希釈して塗ってますし。


要らぬ費用は掛けたくない・・・と言うのが貧乏性の私の考え。
塗装代行の料金に影響も出ますしね。


といろいろ考えていたら、奥さんが・・・

奥「使ってみてどうなの?」

私「今まで使ってた物より、凄くいいよ」

奥「もう永い事やってるんだし、人に頼まれる事もあるんだから良い物使え!」

奥「値段の問題じゃなくて良い物を使って、良い物を造るんだよ。」

さすが製造プロ。^^;

*注 ウチの奥さんは鬼嫁ではありません。



と言う事で、少しずつ切り替えて行くことに決めました。

以前と手順も変わって時間掛けてしっかりやってますので、代行料金についてはご理解下さい。m(__)m










↓(__)m ポチっと応援お願いします。m(__)m↓
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
管理人
HN:
Nao
HP:
性別:
男性
職業:
***製造業
趣味:
ラジコン・犬の世話
ラジコンボディの塗装や電飾の自主制作をしています。
最新コメント
[12/13 山本]
アクセスランキング
PR
RANKING
ランキングに参加しています。

★クリックするとランキングに反映される仕組みであります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
にほんブログ村


♪ポチっと応援お願いします♪
Copyright ©   ラジコンボディ塗装見える化『塗装代行・電飾LED製作』   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]