忍者ブログ
ラジコンボディ塗装や電飾ユニット自主制作をしています。エアブラシ塗装による製作過程なども紹介しています。
[627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620] [619] [618] [617

ヨコモ JZX100 マークⅡです。

撮影を忘れて大分出来ちゃってますけど・・・^^;

このボディも初めてですね。
説明書通りカットしたのですが、リアのディユフューザーの大胆なデザインにビックリ。
多分、カットしないで塗るのもアリだったかも知れない。

そうそう。
パネルラインや窓枠のブラックって、皆さん裏打ちしてますか?
ブラックの発色も良くなるし、私はこんな感じでやってます。

モール部分にメッキ吹いたので、その残りで裏打ちしちゃいました。
豪華な裏打ちだ。(^^)





このボディもマスキングが浮きそうなタイプだったのですが、意外とイケちゃいましたね。

最近一押しのカラーですが、ようやく理解出来てきたような気がします。
やっぱ、最初の塗装がキモですね。

少し希釈して出来るだけ塗膜をムラ無く薄めに仕上げないとダメですね。
フロストレッドやファスなどの透明色って実際は【半透明】ですから、その感覚で塗るとマズイです。

本当の透明色ってこんな感じなんだなぁ~って実感出来ました。
塗膜を滑らかに仕上げようと思って神経使うって、余り無かったように思います。



そうそう、これね。



こんな厳ついのが付くのよね。

このボディって。




↓m(__)m↓ブログ記事UPの励みになります。ぜひポチっと応援お願いします。↓m(__)m↓








拍手[0回]

この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ブログ内検索
Sponsored Link
にほんブログ村ランキング
応援クリックお願いします!!
人気ブログランキング
Copyright ©   ラジコンボディ塗装見える化   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]