忍者ブログ
ラジコンボディ塗装や電飾ユニット自主制作をしています。エアブラシ塗装による製作過程なども紹介しています。
[828] [827] [826] [825] [824] [823] [822] [821] [820] [819] [818
 
個人的な主観で言わせて貰えばクオリティの低いボディです。

お好きな方には大変申し訳ないのですが、ブツブツ言いながらUPして行きます。


塗装を始める前にカット後の洗浄がキモになりますね。

中性洗剤で洗ってもヌルヌルが取れないので、そのまま塗装すると剥がれてしまいます。

いろいろ試してみましたが一番手間の掛からない方法がコレです。


1、ブレーキクリーナーをガンガン吹き付ける

2、メラミンスポンジで擦る

3、中性洗剤で洗う


コレが一番時間掛からないかな?と思います。





基本的にボディカットの際にペンで書き込んだりする事はないのですが、流石にこの子の場合はラインが薄すぎて見えないので書き込みます。



実線で書き込もうとすると綺麗に書けないので点を繋いで書き込んでいます。




次がインナーバンパーってやつ。

プレスライン通りにカットしてもインナーバンパーは収まりませんので、現物合わせでカットします。

他の車種だと未塗装にしてインナーバンパーを覗かせる事も可能ですが、このボディに限っては収まらないのでカット必須です。



インナーバンパーです。



ここが出っ張っているのでボディ側をくり貫かないと収まらない訳です。

で、この⇒部分の幅が左右均等ではなく


 
画像では分かり難いと思いますが、1mm弱位違いがあります。

基本的に1mm以上違ってもOKとしているのでしょうね。



窓枠のマスキングです。

ガラス部分をマスキングして後、窓枠をマスキングしている画像なのですが、ボディのプレスラインに合わせるようにマスキングすると左右不均等になります。



なので、プレスラインを無視して左右どちらかに合わせる必要があります。

無論、フロントウインドウだけでは無くあらゆる部分が左右不均等ですので確認しながらの作業になります。


マスキング終了後に眺めていると、どうにも違和感があってよくよく見ると左右不均等だった。

これがこのメーカーさんのボディの第一印象です。


・離型剤と思われる油分が簡単に落とせない

・ミリ単位で左右不均等

・プレスラインが見難い

・取り説が付属しない


このクオリティでも割安感が有ったので時々作っていたのですが、価格も上がりましたので以降は余り作る機会は無いかなと思いますね。





1日1ポチお願いします (^^ゞ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ


ラジコンランキング




拍手[0回]

この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
管理人
HN:
Nao
性別:
男性
職業:
旅人
趣味:
犬の世話
ラジコンボディの塗装や電飾の自主制作をしています。
★ランキングに参加しています。
1日1ポチお願いします (^^ゞ


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ


ラジコンランキング
最新コメント
[09/05 松井 衛]
[02/19 Nao]
[02/18 haro00003 篠田]
[12/27 Nao]
[12/27 いわ]
[12/13 山本]
お問い合わせ
PR
ブログ内検索
Sponsored Link
にほんブログ村ランキング
Copyright ©   ラジコンボディ塗装見える化   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]