忍者ブログ
ラジコンボディ塗装や電飾ユニット自主制作をしています。エアブラシ塗装による製作過程なども紹介しています。
[755] [754] [753] [752] [751] [750] [749] [747] [746] [745] [744

余白の無いカッティングデカールの作り方です。

ステカを購入する際に調べたら簡単に出来るやん!!

と思って購入したのですが、結構手間が掛かります。




 ステカ付属 CUT STUDIO(カットスタジオ)


 
ステカを購入した際にこちらのソフトが付属して来ます。

プロフェッショナルになるともっと高価で多機能なソフトを使用しますが、私の使用範囲だとコイツで何とか間に合っています。



元になる画像をネット等で拾って来てカットスタジオ(以下ソフト)に貼り付けします。



 輪郭線を抽出する


 
輪郭線抽出をクリック。


 
このような輪郭を自動で抽出してくれます。


 
しっかりとした画像だと良いのですが、そんな都合良く見つかる訳もなく。


 
輪郭がズレていたり抽出されない部分も出てきます。

ここからはひたすら修正を続けます。



でようやく完成します。



 カス取り線を入れる



不要部分(カス)を除去し易くする為にカス取り線を入れて行きます。

ステカを使い始めの頃は面白くてカス取り線の事など気にせず作ってましたが、文字データ作りとカス取りに大半の時間を要すると言っても過言ではありません。

この後、実際にカットするのですが一発でOKになる事の方が少ないです。



と言うのも

文字データを作る時に拡大して作業をするので

「この部分細過ぎるかな~?」

「この部分小いさ過ぎるかな~?」

となかなか気が付かないんですね。



実際にカットしてから

「この文字のこの部分カス取りメッチャムズイ・・・」

「あ”あ”あ”~~~ミスったぁ~」

となる事が結構あります。



なので、今現在もカットする度に微調整や修正は全種行っています。

ある程度で妥協してしまえば良いのですが、私の性分的にそうも行きません。



結果、ステカ余白の無いデカールを作るには相応な手間暇と根気が必要になります。



    
 余白の無いカッティングデカール完成



転貼り用のアプリケーションシート(透明シート)を上から貼り付けて完成です。


カッティングデカールのご購入はこちらから⇒カッティングデカール




1日1ポチお願いします (^^ゞ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ


ラジコンランキング




拍手[0回]

この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
管理人
HN:
Nao
性別:
男性
職業:
旅人
趣味:
犬の世話
ラジコンボディの塗装や電飾の自主制作をしています。
★ランキングに参加しています。
1日1ポチお願いします (^^ゞ


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ


ラジコンランキング
最新コメント
[09/05 松井 衛]
[02/19 Nao]
[02/18 haro00003 篠田]
[12/27 Nao]
[12/27 いわ]
[12/13 山本]
PR
ブログ内検索
Sponsored Link
にほんブログ村ランキング
応援クリックお願いします!!
Copyright ©   ラジコンボディ塗装見える化   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]